貝掛ブログ

過去の記事

日本秘湯を守る会

源泉湯宿を守る会

ご予約

プラン一覧

お米とお酒

温泉うんちく

貝掛ブログ

貝掛温泉

日本秘湯を守る会 貝掛温泉

〒949-6211新潟県南魚沼郡湯沢町三俣686

TEL.025-788-9911・FAX.025-788-9912

mail:info@kaikake.jp

お米とお酒のこと 記事一覧
staff (2011年10月23日 16:34)

酒蔵 酒米.jpg南魚沼でこよなく愛されている酒
鶴齢(かくれい)を造っている酒蔵
青木酒造様の蔵見学を開催します
http://www.kakurei.co.jp/index.shtml

貝掛の熱燗も鶴齢を入れています

酒造の社長さんは2歳年上
甘えさせて頂き 貝掛の御客様ならと
(酒関係者の方はNGです)
酒造り本番の この時期に是非

参加料は@500円


日程・・・・・平成23年 11月21日(月)・22日(火)・24日(木)・25日(金)の4日間限定
       例) 21日(月)参加希望の方は20日(日)夜にに宿泊頂いて翌朝食後 出発

       10時に宿を出発し 青木酒造様に10時半着 白衣を着て蔵見学(40分程度)
       11時半まで蔵のある街 雁木のある牧之通りを散策 12時に越後湯沢駅へ送り



staff (2011年9月27日 16:55)

続々発送中.jpgお申込み順に
続々発送しています

刈って 精米して 即箱詰め

今年の新米は「美味し」
旬を感じてくださいませ!



staff (2011年9月24日 08:53)

新米入荷①.jpg「南魚沼産こしひかり」
9月23日付で本格刈取開始

早速 昨日米蔵へ呼ばれました
無事に台風はソレて 雨だけで
稲穂は無事に 天日干しへ



新米刈取.jpg育てるのは一年がかり
刈取は一瞬で 次々と機械にて
昨年に比べて今年は天候良好
とびきり の米を堪能ください
刈って 精米して 即発送
旬を全国へお届けしています
ご依頼は帳場まで



staff (2011年9月11日 08:52)

米収穫前.jpg















原発の影響で収穫を心配されていた「南魚沼産こしひかり」
流石は米どころ 検査に検査を早期から重ねて取組み お墨付きを頂戴し
無事 収穫へGOサインが県から出た様子
農家のオジサンより「今月の21日に天気よかったら刈り始める」とのこと
昨年度のお米の買付け騒ぎがあった7月8月が過ぎ ようやく安心
新潟の「米」と「酒」は順調 後は「雪」の12月~3月へ まっしぐらです


staff (2011年8月21日 08:08)

すくすく育つ米.jpg昨年は残暑と長雨により
刈取期間は農家は悩んで
おりましたが 今年は早くも
放射能の自主検査で大忙し
天気は順調で秋の台風の
通過コース次第です







地元米農家の話題は H22年度産のこしひかりの「買付け騒ぎ」
貝掛は宿泊者様の御食事の確保のため 年間で米農家と直接契約しているので
足りない・・・なんてことには なりませんが 小さなお子様を抱えている他県の家族の方が
米確保で農家に電話が来るそうな 放射能自主検査の結果を見守ります



staff (2011年7月25日 15:47)

kome.jpg今日も せっせと米運び
忙しい日々も「田んぼ」を
見て癒されます

社員寮のTVが写らなくなり
慌てた昨日も一段落
ブログを見た常連さんや
社員のご両親からの
「今から直しに行こうか?」
と反響に驚き 感激
地元業者のタルミで
部品が足りなかった様子
そんなんでもやっていける
地元業者が残念で・・・

一番近いコンビニは10㌔先
そこまで信号はありません
できる社員さんの確保
貝掛まで運んでくれる業者さん
街から離れているからこその
良さと一軒宿の悩みの混在

御客様も私達も「貝掛」に来て
よかった を継続していけるよう
温泉を守って参ります

大学卒業から15年目
先代は
後を継いだことも
中越地震もリーマンショックも
そしてこの度の大地震も知らず
若くして他界しました
生きてたら どんなアドバイスを
してくれているでしょうか



staff (2011年7月18日 09:27)

こしひかり.jpg「新潟県産コシヒカリ」と米を販売していたとして、新潟県警が18日にも、東京都内のコメ販売業者を容疑で逮捕する
「新潟県産コシヒカリ」の袋に入れ都内のディスカウントストアなどで販売したようだ

blogの「米」の話題で指摘していたように
たんぼ と流通量があわない
南魚沼産も農家の自宅用親族用そして地元卸し用で
かなり消費されています

稲刈前に都内で「新米」を販売していた時も驚いたし
                        地元人気ホームセンターの「コメリ」でも平気でカラの米袋を
                        魚沼産と印刷されたものが売っている 
                        ますます規制が強化されそうだ



staff (2011年7月 9日 12:35)

こしひかり.jpg抜けるような青空
米蔵への途中道

標高が高すぎない盆地に
南魚沼産こしひかり田んぼ
が広がります

米蔵のおやっさん曰く
「今年の稲は柔らかい」と

何が柔らかいのか質問し
「稲の葉」とのこと
言葉足らずなおやっさん

雨風で倒れやすいから
台風時期が心配とのこと

触るだけでわかるなんて
と思いましたが 流石に
農家のおやっさんですね

写真手前の雑草取りが
この時期の農家のお仕事
満遍なく太陽が当たるように
変な虫がつかないように

現在 たんぼには「カカシ」
と間違えてしまうように
農家さんが仕事に出てます

 貝掛 暑くなっても28度
風呂に入って寝て食事して
お話して風呂入って寝て

寝汗かかない貝掛へ



staff (2011年6月 9日 09:09)

手植え.jpg手植えした田んぼ

苗よりも人の足跡が目立ちます

総勢30人がかりで植えました
約一時間で終了
見かねた農家さんが この後
軽く 苗を手直しし植えなおし

泥んこになった長靴を
手前の用水路で洗濯
雪解けの冷たい水が
田んぼへ注がれかけ流し

お風呂と同じく 田んぼも
新鮮な水を掛け流してました

 

 

機械植え.jpgこちらは機械で植えた田んぼ
特A地区の南魚沼産こしひかり
の田んぼです 酒米の隣田んぼ

最新技術は素晴らしい~
機械の足跡は残っておらず

昔の農家さんが見たら
足跡も無く 驚く仕上がりですね

苗の横を蛙が虫を食べに
うろうろしております

今年も大豊作を祈念
農家さんはこれから あぜ道の
雑草刈りに追われる日々で
収穫まで気をもむ夏が訪れます



staff (2011年6月 5日 14:53)

田植えする私.jpg6月恒例の酒蔵主催の
「田植え」に参加しました

越後の酒米「越淡麗」
「こしたんれい」を植えます

都内の酒関係の方に混じり
主催者である青木酒造の
友情出演で田植え
貝掛の御客様もお連れしたい
のですが あくまで関係者のみ
とのことで残念

←この腰の位置は
  モモの筋肉を刺激します

一人 三列を任されて
お隣の都内人気酒屋さんと
賑やかに話しながら植え続け
ます 間隔は30cmで
苦手な小さい蛙を横目に
長靴さえ履けば 意外に
汚れずやることができます

こちらの田んぼは
南魚沼こしひかり特A地区の
高級で栄養満点のたんぼ
そこで地元酒蔵が地元酒米を
田植えしてしまうという
地元でも贅沢で話題性ある
田植え大会なのです


鶴齢看板.jpg酒蔵のご主人「青木さん」
学生時代の先輩を想わせる
がっちり体型のお兄様

みんなで田植えした稲を
しっかり育てていただき
収穫時期に また再集合
秋まで成長日記を書く為
お米の仕入れ途中に
このたんぼに寄ります!



前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10