貝掛ブログ

過去の記事

日本秘湯を守る会

源泉湯宿を守る会

ご予約

プラン一覧

お米とお酒

温泉うんちく

貝掛ブログ

貝掛温泉

日本秘湯を守る会 貝掛温泉

〒949-6211新潟県南魚沼郡湯沢町三俣686

TEL.025-788-9911・FAX.025-788-9912

mail:info@kaikake.jp

お米とお酒のこと 記事一覧
staff (2013年6月 1日 08:37)

三人組み.JPG左:酒を卸す人
中:酒を造る人
右:酒でもてなす人

酒にまつわる南魚沼の若手(笑)
手植えして 秋の収穫まで手作業
地物にこだわる姿勢が流行りですが
リアルに地元の関連勤務者が
集って植えるのは素敵なことです




田植え中.JPG貝掛の社員も一緒に田植え
自分で植えて 自分で刈って
自分で御客様に提供する喜び

本日植えたのは
青木酒造さんの酒米{越端麗}
11月に振舞い酒として宿泊者に
お配りしているお酒の原料です
鶴齢の人気は こんな日々の
地元とのふれ合いから 



staff (2013年5月20日 14:58)

南魚沼田植え.JPG今年の「新米」となる南魚沼産塩沢こしひかり
田植えがポツポツと始まりました
昨年今年と産地偽装の米販売会社が摘発
新潟県ではTPPの前に 新潟県産を名乗る
偽装会社の摘発に勢いが増しております

南魚沼産の中でも塩沢産は別格の位置づけ
塩沢とは地名です 横浜の桜木町といっても
海側のみなとみらい方面なのか野毛山方面
なのかという違いで 立地が米作りには大切

塩沢では 田んぼは大昔から田んぼ
本来はビルが建ちそうな便利な土地でも
大昔から 田んぼが陣取っております

貝掛温泉から車で30分で塩沢へ
隔週で 塩沢の米農家の倉庫へ取りにいく
のも宿のこだわりです

本物の米 ご賞味に御来館くださいませ



staff (2013年2月 3日 15:12)

鶴齢の奥様.JPG地元の人気酒蔵「青木酒造」さんの
女将さんにご挨拶
白瀧酒造(上善如水)さんや
八海醸造(八海山)さんなど大手が
ひしめく中で老舗の造り酒屋も
今年も人気を博しています

今降っている雪が やがて融けて
地下に浸透し 井戸水を使い
お酒ができるのよね~ って
暖をとりながら団欒

 

雪国の生活は 都会生活では考えられない苦労がございます
都会では8時に出社する人は通勤時間が一時間だとしたら6時半起床でも間に合いますが
雪国では起床したら まず雪が積もっているか確認し 積もってたら着替えて除雪へ
一般家庭では自分の家の前や隣接箇所は各自除雪がマナーであるからです
よって6時半では間に合わず 5時過ぎには起きて頑張るお父さん
朝の一時間半は大きいですよね 雪国に生きる恩恵も苦労も多いのでございます



staff (2012年11月23日 11:28)

かくれいの.jpg青木酒造様のご協力を賜り
酒蔵見学を催す事ができました
本当にありがとうございました

地元に愛される蔵
地元で一番飲まれている酒
これからも素敵な蔵のままで
なごむ酒を造ってくださいませ

貝掛から期間中約40名様を
お連れさせていただきました
酒造り真っ最中の蔵
絞りたての酒も試飲できました



staff (2012年11月 4日 12:16)

今年の酒.JPG今年田植えに参加し
完成した鶴齢の本醸造
青木酒造様に
貝掛ラベルを貼って頂き
今年も11月の宿泊した
御客様に振る舞います
在庫次第で終了
1組一本 ご了承を


staff (2012年10月13日 13:35)

浸水中.jpgお待たせしました!
酒蔵見学会 日程決定

11月19日(月)
11月21日(水)もう定員満員
11月22日(木)

◇18日(日)に宿泊して頂き
  19日(月)10時出発

◇21日(水)に宿泊して頂き
  22日(木)10時出発

青木酒造様の全面協力で
大人の社会科見学へ出発~

ご予約は電話で帳場まで
025-788-9911

青木酒造といえば
人気の「鶴齢」の酒蔵です
通常は見せてもらえません



staff (2012年10月 5日 18:44)

米倉庫.JPG今年は豊作の秋
無台風で成長したお米達
埼玉県などは日照りの多さに
苦労を強いられたようですが
新潟は無事に刈取終了したとのこと
旨い米を旨く炊き上げます



先日TVで撮影された農園さんの低温貯蔵倉庫 ここに貝掛温泉用の米を保管してます
悪い人が盗みにこないよう全貌は撮影不許可です
新潟では年に数回 米の盗難被害があるんです さびしい話ですね
先日 新米を購入された方から「これは本当に新米」って云われて驚きました
悪い業者が別のお米や旧米を混ぜて摘発される昨今 農家へ直接取りにいっているからと
安心できなくなってきましたが 塩沢にあるゴミ処理場へ週に数回通いながら
途中にある田んぼの成長を見守りながら 収穫を待って農家の刈取を見ていて
搬送の時は農家の家でお茶飲みして 伝票もらって積んで 自分で貝掛へ納入してます
どうぞご安心頂き「新米」をお楽しみくださいませ



staff (2012年9月23日 08:24)

南魚沼こめ.JPG今年は台風通過がなく
農家さんは安心の稲刈年となりました
台風通過がないのは私には初めての年

貝掛は仕入れしているお米は
南魚沼産こしひかり の中でも最上級
塩沢産 のこしひかり
年間に130俵(30㌔袋を260袋)

都会で販売されている高価格の米です
このお米を御客様と社員で頂きます
これを普通に提供できる幸せな土地柄

代々伝わる農家さんとの繋がり
基本的に二週に一回伺い貝掛へ運びます

美味しい笑顔を想像しながら
ニコニコ配送しています



staff (2012年9月 7日 17:36)

蔵元MAP.jpg冬が本番の酒造り
冬に向けて蔵が動き始め
酒蔵付近の町は
賑やかになってくる秋

早い稲穂のこしひかりの
刈取も ちらほら
今年の南魚沼の刈取は
9月20日頃とのこと
台風が来ない珍しい年
豊作が期待できます

南魚沼には
上善如水の白瀧酒造
八海山の八海酒造
鶴齢の青木酒造
高千代の高千代酒造
蒼々たる蔵が並びます

米のお蔭で白米・酒ができ
山のお蔭で豊富な水がある
人が集う場所になったから
宿屋が商うことができています

蔵と宿の関係は濃く
冬は宿を閉めて酒造りへ参加
夏は蔵を閉めて温泉で布団敷き
繁忙に合わせて働き手が移動
昭和50年頃の高度成長期まで
実際に良くある話だったようです



staff (2012年8月17日 12:10)

kome.jpg少し雨が少ない今年の夏
あぜ道の芝刈りを農家さんが
せっせと炎天下の中 奮闘中

無農薬の田んぼが増えてきたため
道路に逃げ出したカモが うろうろ
農家さんも消費者ニーズに翻弄
最近TPPの話題が減ってきてますが
大規模農家になったら カモの仕事は
残っていくのでしょうか

8月あと2週間 大きな台風が
通りませんように

犬を飼ってらっしゃる方に安心な
「犬お預かり処」も夏休みはフル回転
三世代とイヌの家族旅が増えてます

御客様の笑顔を見送り
頑張る社員方を鼓舞し
五代目五周年記念の社員旅行に向け
8月折り返し いい汗かきます

人の不幸のうえに幸せは訪れない
30代の私ですが 振り返ればその通り
自己中心・自己都合という身勝手
必ずシッペ返しがやってくる



前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10