貝掛ブログ

過去の記事

日本秘湯を守る会

源泉湯宿を守る会

ご予約

プラン一覧

お米とお酒

温泉うんちく

貝掛ブログ

貝掛温泉

日本秘湯を守る会 貝掛温泉

〒949-6211新潟県南魚沼郡湯沢町三俣686

TEL.025-788-9911・FAX.025-788-9912

mail:info@kaikake.jp

貝掛ブログ 記事一覧
staff (2015年12月12日 09:28)

台湾の冊子.jpg台湾の「BusinessWeekly」に
雪見露店が掲載されました

綺麗な雪が積もり
しかも そこで人が住んでいる
のは世界中では珍しいことを
日本に住んでいる人はあまり
知らないことなんです

国土の狭い日本は なんとか
して雪国でも生活できる工夫
をして住み続けています

温泉があるから 貝掛も
頑張れています



staff (2015年12月 9日 19:02)

タイヤ交換.jpg送迎車のタイヤ交換 完了

貝掛温泉の全てのタイヤ交換は
なかなかの苦労で一台づつお店
に持っていき交換します

これからの時期の御客様からの
ご質問は「チェーンは必要ですか?」
という内容のもの。
なんと地元ではチェーンは販売して
おりません。たぶん。
雪用タイヤ=スタッドレスタイヤ
チェーンは巻きません。
これからは普通タイヤは不安です



staff (2015年12月 9日 18:41)

IMG_4403.JPG12月は総会が続きます。
年に一度くらいは、と
参加するのですが、
その数の多さに山奥に
住む者には厳しい日程

皆様元気に再会できました


日本秘湯を守る会は、昭和50年に発足し33軒が初期会員でした。
当時は会社旅行などの団体旅行が中心で、JTBの前身の日本交通公社など
には相手にされなかった悔しい思いを味わっていた33軒で、共に冊子を
製本し互いに宣伝して、未来を築こうとしました。秘湯の会は共生の会で
あり、トレンドを追う話は少なく 山の宿を守っていく主人の姿勢を先人
より伺いながら後人に伝え残していく話で終始する貴重な会です。



staff (2015年11月 2日 17:45)

2015貝掛ラベル.jpg11月1日の宿泊お客様より
1組1本ですが
今年のお酒の蔵出し祝いに
チェックアウト時にお渡し
しております

青木酒造様の御協力による
賜物の商品でございます

鶴齢の本醸造を詰めた
貝掛温泉の限定商品です

飲酒後は歯ブラシ入れに
使ってください
これで牛乳を飲むと
透かしのガラが映えます!



staff (2015年10月31日 13:38)

南魚沼米農家さん日本穀物検定協会の
食味審査にて、特Aランク
を連続で取り続けている
のは南魚沼産のコシヒカリ
だけなんですよ!

諸説あると存じますが
TPPの米に反対している
農協さんに対し緩和策として
いろんな県の米をAランクや
Bランクに押し上げていますが、南魚沼は雪国で川が巡る山地の中の盆地
なので、江戸時代以前から米を同じ場所で作り続けているんです。米作り
に本気でなければ、美味い米ができなければ、わざわざこんな雪の苦労が
ある南魚沼で耕しません。南魚沼の誇りとして、米農家と除雪の技術力が
ございます。



staff (2015年10月26日 17:06)

RIMG0045.JPG貝掛温泉は
「三俣」「田代」の入口と
「かぐら」スキー場に
囲まれた一軒宿です

アクセス抜群ですが
あまり広告をしておりません
三俣口まで送迎しています



staff (2015年10月20日 11:03)

ドラゴンドラ秋.jpg秋の貝掛

苗場のゴンドラ
田代ロープウェー
湯沢高原ロープウェー
八海山ロープウェー
谷川ロープウェー



staff (2015年10月17日 17:47)

IMG_4022.JPG宿のオヤジは日頃は
何をしているのか?第〇回目

米の仕入れや銀行訪問の合間に
この度は新潟県旅館組合青年部
主催の社労士さんを迎えた勉強会
に参加しました。

小さな会社にとって
巨大な会社の真似して良い事
真似しない方が良い事を
再認識しながら、貝掛社員の
幸せや夢を叶えられる経営に
想いを馳せるのであります



staff (2015年10月10日 11:09)

紅葉⑨.jpg2015年の紅葉
今年は冷夏だったせいか
紅葉の進み具合が早いです
例年より10日程早い気がします

ドラゴンドラは10月10日‹土›より
11月8日‹日›まで運行します

田代ロープウェーより
新しく紅葉リフトも運行しました

新潟の紅葉の名所を宿泊の皆さま
にも堪能して頂きたいです



staff (2015年10月 1日 12:31)

2015初出荷 貝掛温泉.jpg今年は年間契約量を130俵としました
130俵=7800㌔
ちなみに一反(いったん)の収穫量は
概ね10俵 江戸時代に一家族3~4名
が一年間食べられる量のようです
朝昼晩とお米を食べ続けた当時ですから
現代では一反で三家族分くらいでしょうか

加賀百万石とは百万家族を養える農領地が
あるんですということですね

貝掛温泉だけで130俵=13反ですから
大きな13田んぼを契約済ということです。
都会に出荷されている南魚沼産こしひかりは
その中身が地元では時々疑問視されてます



前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10